no-image

コロナ時間はスキルアップ

一つの技術だけを掘り下げるのが良いのだ、という人や(この考えの人の方が多い気がします。人の考えはそれぞれ・・・)

一つのテーマを追ったら色々学ぶことになった人もいる。

パパラギスタジオの高木さんはパリコレで活躍していた服飾デザイナーでしたが自分のデザインを表現したくなってカメラマンになったとお聞きしています。

当時、雑誌の撮影でヘアメイクアーテイストとして高木さんと一緒に仕事をしましたが独自の世界観と存在そのものに共感しました

パパラギスタジオは夢がいっぱい詰まっていました!

時が流れて ヘアデザイナーを目指したこと、絵を続けたこと、着物好きだったこと、絵画学校の抽選に漏れて写真学校に行ったこと、周りにカメラマンの友人が沢山いたことの全てが今の自分を作りました

大切な人生の先輩からある日人生の卒業式の準備をしているから 小坂さんにヘアメイクしてもらい人生の卒業写真を撮って欲しいと言われたことが決定的でした。人によって導かれたことでした

それからは 勉強することが限りなく 集中できる時間を作っています

今回は伝統的な技術を駆使して作るセットスタイルもいくつか紹介して見ますね

まずは粋な大人のスタイル、紬や着こなし上手さんに似合いそうなアップスタイルです。あとはTPOと人の好みで変化させて似合わせします

まずスタイルのデザインを決めて展開図を頭の中で描く・・・
高さ・ボリューム・好み・諸条件で変化が楽しいアップスタイルの工程